推し君としばしの別れ

 お久しぶりです。あれから推し君とは何度かオンライン特典会で会話をしたりして、いたって普通のファンとしている私ですが、この度、少しこのグループから離れることにしました。

 原因は運営と事務所の対応。そしてそこに存在するオタク。すべてのレベルが低能なことに気づいちゃったからです。あんなところいたら、私のレベルまで下がる。上から目線といわれても仕方ありませんがうんざりするほどの低能さを都度見せつけられてツラいんです。なんていうんでしょう。登場人物全員自己中、そんなカンジ。

**

 今回のコロナは人の生活や命の価値観、人間としてのモラルがとても浮き彫りになりましたよね。推し君界隈も影響受け、コロナ対策に追われたわけですがその方針ややり方にまったくもって理解できないことがあって物申したんです。おそらく真っ当な意見ってやつを正攻法でお伝えしたつもりです。が、やっぱり根本的に社会の枠組みを考えられず、ルールは自分たちの都合で改変する節があり、またそれを「うれしい」とか「さすが」とかっていって、活動自体が社会制度の害でしかないことを受け入れるバカなファンがオタクをやってるってことがこの一件でとてもよく理解できたんですよね。

 *

 私は会社勤めですが、人々を管理する立場にいますしそこには当然責任もついてまわります。管理者として、自己管理をしなきゃいけない立場にあるので無責任&無法地帯の場所には軽々しくは行けない。残念ですがこういう世情なので応援したくても応援できなくなり、くわえて価値観の違いが決定打になりファンを離れるという選択に至りました。


 運営や事務所に対してどうであれ、推し君とは相変わらず普通です。彼は若干変わってる子なので、それはそれ、これはこれと割り切っているんでしょう。ついこの間も特典会に行くと顔を見るなり「会えた!」って喜んでくれたし。まあそれが彼の仕事といってしまえばおしまいなんですがね。
 でもそんなこともどうでもいいくらい、失望しちゃいました。